2017年限定【エスカーダ フィエスタ カリオカ】と情熱的な夏を探そう

大人気のエスカーダ夏限定香水が、今年も発売されました!

これまで様々な「コンテンポラリー・サマー」を描き続けてきたエスカーダ。
本作2017年度版は、その25周年を記念した、お祝いムードあふれるトロピカルな一本です。

眩いほどにキラキラ。
若さと情熱に満ちた「エスカーダ フィエスタ カリオカ」の香りで、「今」を楽しみましょう^^



『エスカーダ フィエスタ カリオカ』
* Escada Fiesta Carioca *
香調:フローラル・フルーティー <レディース>

2017年限定フレグランス

トップノート「キラキラでシュワシュワ!」




パッションフルーツの濃厚で甘酸っぱいトロピカル感がキラキラと広がり、ラズベリーがほんのりウッディーニュアンスの混じったキュートなベリー感を、レモンがシュワシュワと弾けるような明るい酸味を重ねます。


*ジューシーで甘酸っぱい、お洒落なカクテルのような香り


ちょっとびっくりするぐらい、弾けまくっています。

肌からパアアァッ!と浮き上がってくるような、はたまた皮膚の表面を覆う皮脂膜のバリアに香り分子が勢いよくぶつかって、バァーンッ!跳ね返されてくるような、凄まじいテンションの高さ。

エスカーダ限定シリーズファンにはもう、たまらない、スプレーした瞬間の、

「コレコレ!まさにコレ!ああもうエスカーダってば本当に何かハイになる物質入ってるやろ!!」

と叫んで跳ねて『dazzlin』のワンピース着てどっか行きたくなるような、あのわくわく感がたっぷり詰まった香りです。

ミドルノート「等身大のセクシー系カジュアル」




パッションフラワーのしなやかで甘い、フルーティーな花の香が踊り出し、ジャスミンが青みがかったセンシュアルな華やかさを、オレンジブロッサムがクリーンなフレッシュ感を添えます。


*フルーティー&グリーンなお花の香り

トップのトロピカル感を保ったまま、フワワワーッ!と陽気に花開いていくミドルパート。
ジャスミン系のグリーン感が程よく効いていて、甘すぎず、爽やかに仕上がっています。

エネルギーに溢れつつもはしゃぎ過ぎていない、「カジュアルに使っちゃって!(エスカーダ基準)」という声が聞こえてきそうな、心地よい、人懐っこい香り。

露出が多くセクシーな服装なのに、キュートで無邪気な笑顔がどこか健全な雰囲気を醸し出す、「まさに今この瞬間を楽しむ」ティーンエイジャー的な若さと勢いに満ちています。

ラストノート「ジェットコースターを降りたばかりなのに、もう一回乗りたくなる感じ」




ベンゾインの温かみのある優しい甘さに、ムスクが清潔感を、シダーが落ち着きをプラスします。

*曖昧な甘い香り

ミドルのフローラルが落ち着いてきて、ちょっと甘さがペタっとしてきたなあと感じたら、ラストノート。
とても軽く、ふんわりソフト。

香料のせいか調香のせいか、微妙に飛びきっていないフルーツや花の残り香が甘さの中心にくるまっており、つい物足りなくなってもう一度つけ直したくなる、後を引く香り。

「なぜかリピートボタンを何度も押してしまう曲」のような。遠くに聞こえる夏祭りの囃子のような。ほんのり切ないフェードアウトです。

スポンサーリンク

こんな方におすすめ&香りを一文で表すと…




* パッションフルーツが大好き
* 「今年の夏」の香りが欲しい
* トロピカルで弾けた香水を求めている
* テンションを上げたい
* エスカーダ限定シリーズ特有の「甘酸っぱい」香りの中毒者

☆フローラル・フルーティー調の、エネルギッシュでトロピカルなフレグランス。

きらきら弾けるパッションフルーツが、センシュアルなグリーン感をまとったしなやかなパッションフラワーへと華やぎ、音楽のボリュームを下げていくように、ほのかな甘みに溶けていきます。

香りの考察




毎年期待を裏切らない、優秀な「エスカーダ サマー リミテッド エディション」香水。

本作「2017年版」はその限定シリーズ25周年を記念し、「Fiesta(=お祭り)Carioca(=ブラジルのリオデジャネイロ生まれの人や住人)」をモチーフに創作された、パッションあふれる一本です。


癖になる甘酸っぱさや、問答無用でテンションが上がる独特のワクワク感やハッピー感、女の子らしいキュートなフルーティー感は例年通り。

そこに今年は、アニバーサリームードを盛り上げる、弾けるようなキラキラ感が全体を眩しく包み込んでおり、これまでになくエネルギッシュかつスパークリングな香りに仕上がっています。


エスカーダお得意の「魅惑的なベリー」の表情と、夏を感じさせる元気いっぱいの「トロピカル」。
限定シリーズの肝ともいえる、この2つの要素を上手くブレンドした、ファン心を掴む抜群のセンス。

そして、その魅力を余すところなく伝えるポップなカジュアル感が、まさに絶妙。

シリーズの中でも比較的、甘さ控えめ。ギャルギャルしさも穏やかなので、毎年楽しみにしている方は勿論、エスカーダは初めてという方にも、とっつきやすく、おすすめです。

暑い夏を楽しむ、エスカーダ香水のまとい方


比較的ライトな部類のオードトワレ(EDT)ですが、酸味の効いた拡散性が強めの香りなため、ウエストや太もも等に軽くスプレーするのがおすすめ。

香水は日光に当たると香りが変質してしまったり、体質によってはかぶれてしまうことも稀にあるため、手首や、スカートであれば膝裏など、露出する場所を避けて、服に隠れる場所に付けてください。


カジュアルなシーンにぴったりで、シャイな10代の方にも大人の方にもつけやすい、ほど良いキュートさ。

ガーリーなワンピースにも、フェミニンなブラウスにも、綺麗目なデニムにも似合う愛嬌のある香りなので、ぜひ「とっておきの夏コーデ」のお供に、キラキラまとってみてください。

9arrow-cs0695楽天市場で探す 9arrow-cs0695Amazonで探す
[持続性] ★★★☆☆ [拡散性] ★★★☆
[TPO] 春・夏・秋 / デイタイム・ナイトタイム

フォローお願いします。

コメント

  1. 茉莉花 より:

    暑い季節になりましたねぇ(^◇^;)
    この時期はフルーティ系も良いのですが、アルデヒド香水も中々良いですよ(^^)
    キーンと突き抜けるアルデヒドが体感温度を下げてくれるので、暑い時に纏うと実に心地がよろしい(^^)
    アルデヒド以外なら、カボシャールの様なクールなグリーンシプレー系もオススメですね。
    私自身、フルーティ系で持っているのは、ビブロスの『ビブロス』、モリニューの『クォーツ』、S.T.デュポンの『S.T.デュポンプールファム』、ティファニーの『トゥルーエスト』があります。
    何れも今流行りの激甘可愛い系ではなく、品の良いシックな大人の女性の香りです(^^)
    是非試してみては?

    1. リリー より:

      茉莉花さん(*´▽`*)
      蒸し暑い日々が続いていますが、お元気ですか?
      アルデヒドの心地よい感覚、すごく共感します。
      肌の上に一枚ヴェールを纏っているかのような独特の明るさが、まとわりつく湿気との間にすら淡い空気の層を感じさせてくれるようで、雨の日にもよく手が伸びます。
      カボシャール、ちょうど昨日つけていました。(*´ω`*)
      夏は畳み等から漂うイ草の匂いや、強い日差しに熱せられた緑の濃い匂い、雨上がりの土と混ざった瑞々しい草木の匂い等、グリーン系やシプレー系が恋しくなる匂いにあふれているなあと思います。
      日本の梅雨や夏と、不思議な相性の良さを感じたりもします。
      ビブロスお持ちですか!流石茉莉花さん(*´▽`*)
      ビブロス、私はイタリアのブランドということで興味を持った所から始まったのですが、最初に手にした『ビブロス マン』が異様に気に入ってしまい、それから色々集めていたりします。
      香りとの出会いは、本当に面白いものです。
      大人のフルーツ香水って、案外難しいですよね。
      ちょっと変化球ですが、私はドライフルーツ系が最近お気に入りです。
      茉莉花さんは最近何かお気に入りの香りはありますか?

コメントを残す

*